■俳優の城田優さんの大ファン■
□完全なる腐女子□
■リラックマが大の癒し■
腐った日常〜フツーの作品感想〜好きな芸能人まで,完全に自己満足,趣味丸出しで語っていきます



一定期間更新がないため広告を表示しています


ブログ放置をまず反省
しかし、これから繁忙期がやってくるのでまた放置予定
ツイッターするのが楽で書かなくなっている
というか、異例?の人事異動とかで私の憧れ理想とするベテラン上司がいなくなるので、繁忙期がまじで怖くなりました

そんな中、もう少しで職場の味方であり、恋人であるユキくんを失いそうになっていたから反省
いつしか同じことを繰り返さないためにも、ツイッターやらリアルタイム日記やら友達にやら話して書いて反省しているところ
人に迷惑ですが…
というか、すでに「別れるかも」と泣きまくり、相談にのってもらい、見守ってもらい…相当迷惑かけまくっているので、土下座ものなんですが
励ましていただいて、相談のっていただいて、見守っていただいて、声をかけてくださって、みなさんありがとう、ごめんなさい。ありがとうございます。これからがんばります

そもそもことの発端が私自身なので。
わがまま言った、やった挙句に、相手のいやがることしてしまって、さらに無意識にひどいセリフを投げつけるという。
しかも相手は仕事やらなんやらで精神的に参っていたという。
昨年、一番つらい時期を助けてくれたユキくんを裏切るっていうかなんていうか、そんな行為だったと思う
むしろ、つらいの気付いて助けてあげるべき存在でいないといけなかったのに、真反対のことしたからね。
今回、なんとか持ち直したのが奇跡だと思う。
もう絶対に同じこと繰り返さない。
「一時どうでもよくなっていた」といっていたので、前と同じだけ信頼されていないかもしれないけど、それを取り戻すべく頑張るよ

とりあえず、もうすぐ一年迎えられることに感謝しながら、日々がんばろう。


え、何、前回の更新日が4月って何。
せめて5月くらいかと思ってました、だって誕生日だいたい更新してた気がするのに…
というわけで、4月から8月上旬までを振り返ってみましょう、ハイライトです。
(もう自己満足ブログ通り越して、惰性で続けてしまっているものになってるような…いや、ブログ書くのは好きなのよ、ただPC開く気が起きないのと、PC自体の調子が悪いんだ、ずっと)

●4月
経った1年での異動から不安とストレスの日々、毎年恒例精神不安定期でした。
あんまりにも不安定で上司にかみついていた、自分なりに。かなり卑怯だとは思うような言い方と口調で。
目まぐるしくすぎていった4月、何をしていたのかよく覚えていません…
リアルタイムブログを見ると、サキコちゃんとご飯行ってた!!
そうだそうだ、あの日は4月のくせに真冬のように寒くて、もうスプリングコートしかねーよこんちくしょー!!と思いながら、ディナーだったんだ。
でも、かなり語って楽しかったの覚えてるな、ユキくん(現彼氏)の話を初めて聞いてもらった日かもしれん。
あと、連動して思い出した。
菓子博行った!!開幕してけっこうすぐにユキくんと。
広島のゆるきゃらでかしなり君が一番かわいいと思ったので、あのキャラが続けばいいと願望を持ちつつ、
ものすごい人だったからメインの菓子博物館みたいなの見た後は一旦会場を出た。夕方戻ったらやっぱり人多くて回れないし、寒いしで、
もうけっこう諦めモードだったな。
でも地元開催で楽しかった。
うん、4月の感想は、あんまりにも忙しくて仕事の記憶がないし、春の割にかーなーり寒かった。でもいやなのはほぼ忘れられるほど楽しかった。

●5月
GWは予定けっこう詰まってたなー
ユキくんとデートで久々にマリーナホップ行って、けっこう楽しんだ覚えがある。出張ミニ動物園がきてて、ペンギンがイケメンだったw
母方の実家で親戚わんこに癒されるといういつもの恒例のおやすみもあって。
最終日が生徒会で集まった日でした。
先輩がお母さんになってたり、これからお母さんになるところだったり。
久々に後輩のKちゃん見たりで懐かしかったしなー
早め解散だったけぇ、ユキくんと合流して最後までGW満喫しました!!
あと、仕事でいうと、お客と電話でやりあった月でした…あの○○じじい………
でもこれはこちらにも非があったと思われるので、もっと周りの同業者が協力してくれないとどうにもならん案件だと思うんだ。
あと、弟の一人暮らしを見物しに行って、姉よりも家庭的な弟にへこんだ…
そして、下旬は私の誕生日!!!毎年毎年、すごく幸せな誕生日を過ごせているわけですが、今年もそうとう幸せだった!!というか、リアルタイム日記にはほとんど書いてる^^;
友達からお祝いメッセージを受け取り、まさかのパートさんからケーキいただいたり、残業もぐれだったので誕生日当日は係長が定時帰宅をくれた!!!うれしい!!!
しかも、3日間ずっとユキくんと会っておりました←
どれだけノロケれば気が済むんだというくらいな日々だった。
当日の24日は平日でお互い仕事だったし、25日を本番にしていいよーって言っていたのに、
「どうしても当日お祝いさせて、短い時間だけでも!」と言っていただけて。
だったらもう外食で夜ごはんすませてこいと母から見放されたので、夜ごはんも結局ごちそうに。
メインは次の日予約してもらってたから、近場で回転寿司(でもおいしいところ!)食べて、車でのーんびりおしゃべり。
してたら、トランクから花束が登場した!!!
いやもう、顔のにやけがとまりませんでしたっ
だって、貴重な半日代休をとって花束買いに行ってくれたって言うし、花束買ったことないから照れたっていうし、ピンク好きじゃないっていうから少なめにしてもらって、でもバラ好きって言うからバラ一輪いれてもらって、オレンジとか黄色の花いれてもらってって…
あーもーかわいい…萌ゆる…
そんで、25日は大学時代からずっと行きたかったお店でディナーでした。
ご飯もおいしいし、お酒もおいしかったんだけど、何がいけなかったのか、いつも以上に酔って胃の調子も悪くなり、迷惑かけてしまった…それにへこんでしまった日でした
その次の日が、職場の先輩の結婚式二次会によばれてて、その帰りに合流してお茶したんだけど。
24日の誤解もとけたし、3日連続で会えて楽しかったしということで終了。
ちなみに、誕生日プレゼントはピンキーリングです。早めに買って、24日にもらって、最近休日はそればっかりつけております。

●6月
大きい仕事第2弾目だか3弾目だか。何度客にたいして物を投げつけるのかと。
その対応に追われ、次々新しいものが舞い込むので、自分が何の仕事をしているのか振り返る暇がなく、勉強しきれておらぬ。
そうこうしているうちに、弟がなんだか大変になって、母も忙しくなってしまったので、
私は家の家事をこなす日々が続きました。
生まれてこのかた、したことがないくらい家事をしまして、慣れないことするもんだから、見かねた父がもう寝なさいとさとしてきました。
幸いにも定時の日が続く時期だったので、ちゃんと手作りでご飯も作れるようになりました。
うそ、品数がちょっと増えたくらいで未だに作れるものが少ないです…
でも行楽シーズンまでにお弁当作れるようになるのが今の目標です。
というか、そういうのも重なって、仕事も7月頭にプレッシャーがかかっているというか、4月にミスした仕事と同じようなものを抱えていたので、
精神的にまいってしまい、私生活にも支障が。
梅雨のせいもあるのか、日々が暗かった。
下旬には城田優さんの舞台というかコンサート、4STARSを2列目という距離でみて、
見たことなかった舞台の歌も聴けて、世界のプロの歌声を聴いて、ユキくんとの遠出にもなって
かなりいい体験をしたはずなのに、それをブログにもしていないあたり、そうとうまいってたんだなーと思うわけです…。
いや、優さんは素敵でしたよ!!!
ただやっぱり、何事も楽しむには心身ともに健康じゃないとだめなんだなーと本当に思いますね。

●7月
家庭内大パニックの月でした。
家事も続くし、仕事は定時が基本にはなったけど、客に投げつけるまで時間がなくなってきててそれの準備に追われてたし。
とくに下旬。
あと、仕事は休日出勤もあってなかなか休めないし、もうね、それのせいで客と電話でやりあって、
係長と課長まで動かす騒ぎに発展させてしまったよね。
みんななんで疲れを出さずにいけるのか、私は完全に態度に出してしまったよ
ま、でも正直、私の態度も悪いけど、あれは相手も悪いと思う、というか理解してないのが悪い、というか自分だけが特別とか思ってるようなやつが悪い。
課長とかには頭下げましたが、やっぱりこういうのは私は嫌いだと思うので、なかなか心の中ではすっきりせず、あと同業者にも腹がたつ日が重なって、
家で罵詈雑言はきました、そいつら○ね、○ね、ずっと言ってました。
でもそれくらいはきだしてストレス発散しないと、健康上よくないのだということを実感する出来事が身近で起こったので、大事なんですよ、うん。
当たるのはよくないけどね。それで8月すでに痛い目に…。
個人的には途中で気分回復の出来事もあったりしてよかったんだけど、それを上回るくらいかなしいこともあって、
なんかどうも不思議な気分ぐるぐる月でした。
あ、でも、ゴッホ展みにいったり、ローンレンジャー見たり、BL新刊とか君と僕。新刊読んだり、
一応楽しんではいたよ。
私自身のストレス解消はちょこちょこだけど後半あたりできてたかも。

●8月
というわけで、大きいお仕事第何弾???
今日投げつけてきたので、明日からその対応に追われそうな予感。
先週はユキくんと若干険悪でもうもうもうっ!!!となってましたが、ケンカじゃないけど二人してごめんなさいしたので解決。
対応に追われる今週さえすぎれば、遅めの夏休みがとれるんじゃないか、というか消化させてくれ、という気分なのであります。
花火も見に行けなかったし、友達と時間合わなくてなかなか遊べないし、なんか楽しいことしたいなー!!!!!


そういえば、大学女子会は何月だったかな…
あの時も友達の爆弾発言聴いて、けっこう楽しかったんだけどなーまたやりたいなー
あと、Mちゃんと会いたいし、サキコちゃんとおやつしにいきたいし、牧田さん&なゆたくんと飲みたいし。
どうしたものか。

異動してからというもの、
本は読めないし、
残業が当たり前すぎて…
自由時間が少ないよー
特殊な仕事以外で、深夜になるとは…おどろきだー
同期(同級生)がよく一年目でやりのけたもんだ…すごい…
今日は早いほうでした。
落ち着くまであとどんくらいなのか… 

よっしゃ、きた!!
腰乃さんの新刊がやっと買えた!!

【未知との遭遇】

昨日、職場の送別会があって、その帰りに急いで本屋行ったかいがあった。
ものすごく読みたかったんだけど、近所の本屋では見つけられず一週間くらい待ったよ。

相変わらず、腰乃さんの絵がいい。
ちゃんと皆が男、男!!って感じで、しかしガチムチでもなく、世間一般(?)男子っぱいところがいいよ。
その辺に存在するちょっと見た目いい男がこういう関係になってるってのがね、うん。

今回のモチーフを、果たして世間一般といっていいのかは謎だけどw
パンツ収集家……wwww


あと、鹿乃しうこさんの新刊も買ったので、そちらはまた後日。



とりあえず、あんまり更新できていないので、近況。
春から異動になった。
すっごく悩んで、早く今の部署を離れたいと願っていましたが、ユキくんと付き合うのを前後にして環境がよくなっていたから結構複雑です。
ほんとうに、真面目に専門知識もちょっとずつつけて、春に向けてそれを強化しているところへ、辞令。
アレだけ相談にいってたから、その措置という意味も含めてなんだろうけれど。
だがしかし、その元凶となった人間の隣りの係に異動になっただけなので、目の前にいるんですけどね。会話できるようになってるからいいけど。要するに課は同じ。
一番の不安は前任者、前々任者がいないポジションへ私が入ること。
不安も恐怖も大きいです。しかし、ものすごくやりがい感じている!!
残業と休日出勤が続く時期が、今の係より多いのも知っている分、がんばってやろうじゃないか!!
と私には珍しく前向きです。
必要とされていると考えて頑張ろうと思います。」

 

*更新しました!!!そういえば、ユキくんが彼氏ってまだ書いてなかった*2013年3月3日

私のブログには,何人かリアルのお友達の名前や頻出単語(?)が出てきますo
HNなりイニシャルなり隠した言葉なりでo
お初の方のために,ご紹介しておきますo 簡単にですがねo
(増えたら時々,更新していきますo)

≪ 地元メンバー ≫

零壱ちゃん…小学校からのお友達o 私の腐った話も狂った話も静かに聞いてくれる優しい一般の子ですo よく家にも行きますo

華月ちゃん…中学校からのお友達o これまた私の腐った話から買い物まで付き合ってくれる優しい女の子ですo 地元唯一の若手俳優ファン仲間o

葉夜ちゃん…小学校からのお友達o 私が腐っていること&優さん好きなのを知っていて,優さんの雑誌の切り抜きくれたりと心優しい女の子o 引っ越してあんまり会えなくなってる。

赤子ちゃん…小学校からのお友達。気づけば腐女子になっていた。昔はバカにしてたくせにー。わがまま娘。

≪ 高校メンバー ≫

浜田さん…高校時代の生徒会仲間o そして良きヲタ友o さらにあらゆる面で,私の尊敬対象ですo

友人T…高校2年からの付き合いo 良き腐友o 私に電王のよさをひたすら語ってくれた子ですo 卒業後もなにかと,腐った会を開いて盛り上がってますo

ながめサマ…高校時代の生徒会の先輩o 頼りになって可愛い先輩で,今ではブログ仲間(?)みたいな感じですo

鏡ちゃん…高校3年時の同級生o 私の中ではキング オブ 鬼畜ドSo【←褒め言葉】 電王を勧めてくれたり,絵が上手で羨ましかったりな女の子o

クマさん…高校の時の癒しの君o どちらかといえばクマよりワンコo 身長高くて声も私好みで,2,3歳くらいの時の知り合いo 高校で再会してから出会うたびに手を振ってくれたほんわか男子o 卒業して以来見かけはしたがその後不明o

≪ 大学メンバー ≫
●通称日本史メンバー●

Tちゃん…ある一定時期のある一族に関する知識が半端ない。そして腐女子な超優秀学生。皆から「神」とあがめられたりする。

Tさん…すごくカッコイイ女の子。古典が得意で「○○守」という称号を持つ。ドラマーなので非常にカッコイイ。

…伝統芸能が舞える男子。すごく美人。普段声は低くないのに,舞うときは適度に男らしくなる。しかし性格はめっちゃ可愛い。他の男子からいじられたりする。178cmとなかなかな身長もお持ち。Tちゃんと私は,若をかわいがりすぎている。しかし可愛さはKさんのお墨付き。

師匠…本当にいい人でいい相談相手。すごく真面目に人と接してくれる。彼女らぶ人間。よくクレーンゲームでリラックマを取ってくれる優しい人。

ミニマム…中学高校大学と一緒の男子。彼女らぶ人間。鬼畜人間。

●大学内他●
さきこちゃん…1年のころから仲良しの同学科の友達。キャラクターがのほほんとしていて,癒されます。私にはない女の子らしさを持っている。いいなぁ。

Kさん(先輩)…元彼氏o 3つ年上o 腐女子公認o ヲタ友。身長が高くて182cmある。そこがいい。

…同じ大学学科の同学年1つ年上男子o 見た目(私目線)美形で,声も良く,愛媛訛のある少々天然で自由人で可愛いo 大学での癒しの君o

≪ 職場メンバー ≫
I先輩…私の前任者の先輩。頼りになる優しい女性の先輩。結婚されたばかり。ユキくんと一緒にいるところ見られた。


Oさん…超がつくほどの美人な先輩女性。ひょんなことからユキくんとの関係知られる。

三十路さん…とっても美人な男性。妻子もちなのに見た目若すぎて、三十路になるとはとても思えない。言動も可愛いのに、身長高くてイケメン。

Iさん…若く見える三十路超え。動作がいちいち気になる。声かけてくださるので話しやすい。

Kさん…上司からの信頼がかなり厚い男前。ユキくんと一緒にいるところ見られた。

ユキくん…二歳年上の同期で彼氏。三十路さん大好きらしい。身長低くて色白。

同期(同級生)…小・中学校が同じ男子。同じ課にいて昔なじみなので心強い。

同期(イマドキ)…明るいノリよい同い年男子。何かと気にかけてくれる実はいい人。

≪ そのほかメンバー ≫

井伊さちちゃん…華月ちゃんを通じて知り合ったお友達o 大学入学前に初顔合わせ済みo 俳優の舞台やらイベントごとに対してものすごい行動力と経済力があるなぁと羨ましい限りの子o

マイブラザー…言葉のとおり,青の弟o 3歳年下o 私が腐女子であることを知っていて,最近大分免疫がついたのか,たまに話にのってくれるo 彼の名誉のために挽回しておくが,決して腐男子でないo 今の学校に通うことで,ラノベヲタといえるかもしれない。インデックスらぶ。

さだお…“蕩ける会”の仲間o 腐友o 本当は≪そのほかメンバー≫以外に入れようかと思ったけど,そういうわけにはいかないわけもあるo 


≪ 青に関する単語 ≫

城田優…青が愛してやまない俳優さんo ファンクラブ入会済o 私が呼ぶ愛称“優さん”o

…アーティスト。歌お上手!!応援中。

D−BOYS…若手俳優軍団o 城田優さんも以前はココのメンバーでしたo (略称:Dボ)

佐藤健…優さんやDボ以外に好きな俳優o 電王からのファンo 私が呼ぶ愛称“健くん”o

蕩ける会…大学の友達と一緒につくった腐サイトo 腐りきった会話文のみの小説(?)公開中o潰れる寸前。

春の会…大学の友達と一緒に結成した秘密の会o ちなみに私が会長o (ほぼ強制的に)果たして最近はどうなったのか?

腐会…私が腐女子の友達と遊ぶと,基本こうやって表現しますo 遊ぶ内容は様々ですが,カラオケ・鑑賞会・ショッピングですo

リラックマ…青が大好きなキャラクター。愛しすぎる。

サッカー…最近非常に熱が高まってきた。地元サンフレ応援をしたいけれど,いまだに応援行けてない。何よりGKが好き。川島選手と川口選手と西川選手とノイアー選手しかまだ分からない。そして好き。勉強中。

 
【囀る鳥は羽ばたかない 1】

この間、久々に買ったBL漫画!!!

ヨネダコウさんの作品といえば、あの【どうしても触れたくない】がかなりよかった
だから、今回これ読むの怖かった。
だって、ギャップで残念だったらどうしようかと…!!!!

でも、ね、やっぱり私、この方、好きみたい。
とても萌えました
話はけっこう定番な感じだったと思うんだけど、あの無口だったりする攻めが好みだー
なんだ、可愛いな、こんちくしょー
警察からヤのつくお仕事に転換しちゃう、しかもわかってなかったとか、もう愛されるべきアホ。
でも見た目がでっかくて、愛とか可愛いとかいう言葉が似合わないーそこがいいー
受けのドMさんもね、よくいますよね
でも美しい人すきなので、とても楽しい

ちなみに、ヨネダコウさん、今もう1冊新しいのあるね
あれ、今度買おう、うん。

もう最近、記事の書き出しが言い訳になってしまう…
PC開く機会もなければ、ネタもない!!

昨夜、本を1冊読破したので感想をば。

【ロードス島攻防記】

例に漏れず、ユキくんから借りてた本。
以前のコンスタンティノープルの次の作品にあたる。
私としては、コンスタンティノープルの方が、視点移動も多くて分かりやすいので好き。
でも、それを先に読んでいたおかげか、ロードス島も読みやすかった
理解しやすいよね、歴史は順序良く見ていくほうが私にはあってる

あとは、コンスタンティノープルが小説らしかったのにくらべ、確かにこちらも小説っぽいけれど、
中盤まで淡々と進んでしまうのよね…
この方、とても論説っぽい作品が多いみたいで、チェーザレの時も論文っぽいなーって思ったし。
淡々としすぎていたのか、楽しいけど乗り切れてなかったのね、きっと。
読破までに時間がかかった。

しかし!!!
後半からの盛り上がりがすごい!!ぐぐっとくる!!
きらびやか?豪華?気品?
なんというか、厳かさ、荘厳さが素晴らしく伝わってくる!!
脳内イメージではなんか絵画で一つ一つのシーンが沸きあがる!!!

そんな中。

しっとりしたシーンで突然の…
同 性 愛 表 現 
きました、とてつもなくキた。
昔はそれが普通だったんだろうし、萌えるのもおかしいのかなと思ったけど、
向こうの国の青年が二人寄り添ってなんてシーンを妄想したら悶えるよね
久々に普通の作品読んで腐ってしまったね
だから、腐的カテゴリにしちゃったんだよね

それでまぁ、感想を言いたくなってね
ユキくん、一般人なんですけど、書いちゃったよね
萌えましたって、メールにね。
電話きて、普通にしゃべってて、
ユキ「それでさ、もう一つの感想のさ…」
青「触れないで!!」
ユキ「いやでもね、うん、そうなるんだろうなと想像はね、してた」
なんてね。
最近腐女子が落ち着いてるんですが、萌えてしまった時は簡単になら話せそうです、安心w


ちょこちょこ更新しようと思いながら、全然書くネタが思いつかない。
レビューするにしても、途中までのものばかり。
というわけで。

塩野さんの作品と並行して今読んでいる本はこれ!!

【レ・ミゼラブル】上巻

この間、映画を見たからか、けっこう入り込みやすい。
訳も読みやすいのに当たったのか、 何の問題もない。

今は第一部が終わったくらいまで読み進めてる。
やっぱりこういうのって、原作が一番大事だなってのがよく分かる。
映画だけだと、あのシーンは綺麗に描かれていただけだなーとか、
やっぱり俳優陣は美しいのばかりだから、描かれる人物は一致しないのは当然で、ジャベール警部とかちょっと残念に思ったり。性格はままなのだろうと思うけれど。
登場人物も足りないし、あの人物にはこういう背景があるのかとかもあるよね。
あと、司教様がジャンバルジャンに渡した品物にも意味があったりね。
そりゃ意味はあるだろうと思うけど、映像化されると省かれやすいし、とても深い意味があったりするんだよなぁ



で。
この本を読んでいる時の話をば書いてみます
ただのノロケ↓↓

続きを読む >>
【コンスタンティノープルの陥落】

ユキくんに借りた2冊目の歴史小説
おもしろい!!
とはいえ、私自身にカタカナ恐怖症候群があるので、なかなか前に進まず、年末くらい?から読んで、
昨夜やっと読破した。

世界史好きというか、きちんと学んでいれば内容は分かるのが普通なのかな?
解説には東欧あたりの話は歴史であまり学んでいる人がいないとありましたので、どうなんだろう。
私は世界史を途中で諦めた部類の人間なので、非常識なまでにこのあたりの歴史はさっぱり。
でも分かりやすいし、ジャンルは“小説”にあたるんだろうから、入り込みやすかった。
 
前回読んだチェーザレ・ボルジアの本よりも、会話文もあるし(笑)、時系列にしっかり沿っての展開だったので、
どの時期にどのような出来事があったのかが理解しやすい。
この作者さんはほんとうにしっかりと研究や調査をされて、こういう本を執筆されているんだろうなーと伝わってくる。

視点が多角的なのも、私にはありがたかった。
歴史を学ぶ場合、どうしてもどこからか一点の目線で学んでしまい、その人物だったり国だったりの立場になってしまって、
絶対善になってる気がする。
だから、あらゆる国の、あらゆる地位の人から観るこの本って、それぞれの立ち位置が分かりやすくて、
気持ちもこうだったのかなと想像できるというか…

あ、でも、マホメッド2世の視点はなかったような?
あれはどういう効果を考えてのことなのか…

次もこの人の本を読みます。
だんだんと読書意欲が戻ってきたぞ!!
12月に仕事関係でばたばたして邪魔されたからなっっ!!

【チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷】 

ユキくんから最初に借りた本。
何月だったかな、10月末か11月くらいには読破してたもの。

歴史全般好きで、世界史でいえばローマが大好きみたいなんですが、それでこの筆者、塩野さんのファン。
私はカタカナが苦手だったり、世界史ってあちこち内容が飛ぶから覚えにくくて、苦手意識しかなかったんだけど…
これ読んでから、「あれ、世界史っておもしろいじゃん!!」ってなってきた。
いや、全然理解はまだまだだけど。汗

この作品に関して言えば、なんか伝記みたい。
解説してる人も書いているように、小説ともいいがたく…ジャンルがわからない。

今、塩野さんの作品、2冊いっぺんに借りているので、珍しくカタカナ三昧であります


しかし、こういう本に触れると、勉強意欲がわいてくるのね
全然口だけで動いていないけど。
・フランス語(検定、原語の本を読む、聴く、話す)
・英会話
・イタリア語
・スペイン語
・漢検
・卒論研究の続き
うわわわ、若いうちにやっとかないと、ブランクあけばあくほど辛いぞ!!!

1/67 >>
profile link
 admin
comment
Material:shape Template: Favorite
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.